2017年04月26日

広告の配置で注意したいこと





Googl アドセンスの広告の配置に関するポリシーは以下の通りです。


①偶発的的なクリックの誘導

②広告の不自然なアピール
③誤解を招く見出しの下での広告配置
④スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイトレイアウト
⑤画像と広告の並列配置
⑥広告フォーマットに似せたコンテンツ
⑦報酬の提供 
⑧広告とFlashゲームの間隔

Googl AdSense 広告の配置に関するポリシーより




A7C13AD8-195C-4D64-937B-EDC9E85745F8.jpg



メニューやナビなどのタグの中、他のウェブサイトと間違えるような配置、関連情報や関連リンクといった誤解を招く見出しの下の配置。
ヘッダー。
再生などの操作ボタンの近く。
アニメーションなどの派手な誘導。
広告をクリックして・・・などの言葉での誘導。
スクロールしなければ見えない位置の記事レイアウト。
画像と並べて貼る。
クリックに対して報酬や見返りを提供する。
Flash ゲームサイトに広告を配置する場合広告とゲームの間に 150 ピクセル以上の間隔をあける。
Google 以外の検索結果ページに広告を掲載する場合は、検索結果と広告をはっきりと区別できるようにする。

などなど、気をつけなくてはいけないことがあります。 

要するに・・・広告だとわかりにくい方法で掲載することが禁止ということなので、記事と広告の区別がちゃんとわかるようにすればいいということですよね。

紛らわしかな?と思ったら「広告」または「スポンサーリンク」をつけておけばいいと思います。広告とスポンサーリンクは必ずつけなくてはいけないものではないようですが、つけておけば安心です。

と、いうことで・・・
①きちんと広告とわかるとようにする。
誘導や誤クリックになりそうなレイアウトはさける。




ご参考まで。


*詳しくはGoogl AdSense 広告の配置に関するポリシーでご確認下さい。

posted by lina at 10:00| Googleアドセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。